乾燥肌に適した化粧品でスキンケア|低刺激の商品が最適

乾燥した状態は良くない

女性

日本では、秋から冬にかけて一気に気温が低くなります。そのため、肌の新陳代謝が鈍くなり、角質によるバリアが傷つきやすくなります。その結果、肌内の水分が逃げてしまい、乾燥肌になるリスクが高くなります。乾燥肌になると、色々な肌トラブルが生じます。例えば、肌がダメージを受ける事で、痒みを感じる神経が表皮の近くまで伸びてきます。その結果、ひどい痒みを感じるようになります。無意識にかいてしまう事で、さらに痒みを誘発する「ヒスタミン」が分泌されます。それで、ますます痒みを感じるようになります。その他にも、乾燥肌になると、肌の水分量が不足する事でシワができやすくなります。さらに、血行も滞る事で、顔のくすみが目立つようになります。

乾燥肌を効率よく解消する化粧品として、ワセリンが有ります。このワセリンとは、顔から全身までケアすることができる保湿性の高い化粧品です。肌に塗布するだけで、皮膚から水分が失われるのを防ぐことができます。また、水分が不足して荒れた皮膚をしっとりと柔らかくする効果も有ります。そのため、乾燥でガサガサになった肌が美しく生まれ変わります。この化粧品の一番の特徴は、普通のクリームに配合されている界面活性剤がない事です。この界面活性剤は、美容成分を肌の奥へ届ける作用が有ります。しかし、角質層を壊して、皮膚のバリア機能を弱める原因にもなりうるのです。したがって、肌が弱い状態の人でも安心してケアができます。ワセリンでのケアのコツは、少量を薄く塗るようにすることです。この化粧品を重ね塗りすると、かえって皮膚が乾燥してしまいます。なので、適量を肌に塗布する事が大事です。